短時間労働者とは

「障害者雇用に協力したいけれど、労働内容的に長時間の労働を任すことは難しいかもしれない・・・」こういう企業もあるでしょう。そのような企業には、短時間労働による障害者雇用がおすすめです。短時間労働の障害者雇用とは、名前の通り、定時勤務ではなく、決められた短時間で障害者の方に働いてもらうというシステムです。このシステムであれば、身体にそこまで負担をかけられない障害者の方でも安心して働くことができますし、そこまで任す仕事がないという企業も安心して仕事を依頼できます。障害者雇用では、普通の業務よりも簡単な作業が障害者雇用の仕事として任されます。よって、あまり長時間の労働だと、次次に仕事を用意する必要があります。よって、企業の中には短時間の障害者雇用を依頼しているところがあるようなのです。そのような企業は、是非短時間の障害者雇用を利用してみてください。なお、そのような相談は厚生労働省のホームページから問い合わせすることもできますし、厚生労働省のホームページ内にも情報が記されています。障害者雇用は厚生労働省の管轄です。よって、分からないことがあった場合には、厚生労働省のホームページなどを参考にしましょう。基本的な障害者雇用の知識についてはもちろん、助成金についてや障害者の受け入れ方などについても知ることができます。これから障害者雇用を始めようと考えている方は、是非、厚生労働省のホームページを一度拝見なさってください。