精神障害者とは

最近、よくこのような言葉を耳にします。「精神障害」という言葉です。よく聞く言葉ですが、あなたは意味をご存知ですか?精神障害というのは、精神的な疾患や何らかの原因によって心が傷を抱えてしまい、生活に支障が出てしまう状態のことです。精神障害には外因性、内因性、心因性の原因があるといわれています。この中のどれかが原因である場合もありますし、全ての要素が原因で精神障害が引き起こされることもあります。また、性格、親の育て方、育ってきた環境なども精神障害に影響を及ぼすようです。では、精神障害がおこると、どのような問題が生じるのでしょうか。精神障害による生活への支障は、人によって様々です。その症状は陽性症状と陰性症状の2つにわけられます。陽性症状では、幻聴や妄想、体験幻覚などが起こります。陰性症状では意欲低下や引きこもり、感情の平板化などが生じます。こうみると、陽性症状のほうが症状がひどい感じがしますが、陰性症状も決して油断はできません。放っておけば「生きる意味を感じない」「生きている意味がない」などと思いだしてくることがあり、自殺に繋がってしまうケースがあります。そんな事態にならないように、精神障害を少しでもやわらげてあげる必要があります。それには、障害者雇用による社会進出がカギとなります。近年、障害者雇用を行う起業は増えています。障害者雇用では、精神障害を抱える患者さんのことも受け入れています。精神障害の患者さんが社会に少しでも心を開けるよう、障害者雇用の受け入れ先企業は、温かく聖心障害者の方を受け入れてあげましょう。