障害を雇用するには

現代の日本において、障害者雇用が促進されています。思うように身体を動かすことができない方、思うように意思疎通ができない方、精神的に障害を抱えてしまっている方、どんな方でも私たちと同じ1人の人間であることには間違いありません。よって、多くの企業は障害者と健康な人を差別することなく、障害者雇用という形で障害者を迎え入れてあげなくてはなりません。障害者の方は、ハローワークで障害者雇用の手続きを受け、まじめな気持ちで仕事を探そうとしています。模擬的場面での作業支援によって自分にふさわしい働き方を見つけたり、履歴書の書き方や面接の練習などをしたり、簡易作業の体験や対人技能の向上を講習を通して学んだり・・・。障害者の方は、何とか仕事を見つけて生きていこうと必死になって努力されています。よって、障害者雇用として障害者を受け入れる側の私達は、堂々と障害者の方を歓迎してあげなくてはなりません。そして、障害者雇用を行う場合には、障害者の方が何不自由なく働ける環境作りをしてあげる必要もあります。たとえば身体が不自由な方。身体が不自由な方には、仕事において様々なサポートをしてあげましょう。どこかへ移動するときは手を添えてあげたり、車椅子の方には椅子を押してあげたり・・・そんなサポートがあれば、障害者の方も気持ち良く働くことができるでしょう。精神的な疾患を抱えている方や知的障害がある方には、その人たちの心を見つけてあげることが重要です。彼・彼女たちにも心はあります。意思疎通がうまくできなくても、心の中では色々なことを考えているはずです。そんな彼・彼女たちの気持ちを読み取ってあげ、やりたいことを見つけてあげましょう。