仕事をしている男性達

障害者雇用率

シニア世代の方でも活躍出来る施工管理の求人はこちらから利用できます。老後の為に貯金を作っておきましょう。

人気のお店の求人を調べることができるアパレル派遣会社の情報がこちら。デパートで働きたい女性必見のマル秘情報がありますよ。

障害者といっても、普段ひとくくりにそう呼んでいますが、その障害には大きく分けて3つあります。手足などの動作が不自由な、肢体不自由、また極端に視力が弱い、全く見えないという視覚障害、それに聴力に問題のある聴覚障害などを「身体障害」と呼びます。また、生活を送る上で理解力や判断力などに難のある、「知的障害」は一般的です。それに加えて、近年障害として認められてきたものに、「精神障害」があります。「精神障害」は統合失調症やある種の薬物など、精神作用物質による急性中毒またはその依存症である状態、また精神面での疾患を抱える状態の事です。この3つ区分が大きく障害と判断される項目であり、障害者雇用率にカウントされるのは、これらの障害において障害者と認められる者とされています。障害者と認められるかどうかの判断は、各種手帳によります。身体障害者手帳や療育手帳、精神障害者保険福祉手帳などがこれに当てはまります。もし、障害者としての採用行うのなら、採用応募時などに、各種手帳の有無を確認する事が大切です。

障害者雇用率とは、その事業主に雇入れられる情報労働者につき2.0%となっています。しかし、これは一般の事業主に対してであり、例えば、都道府県等の教育委員会では2.2%、国や地方公共団体、また特殊法人等であれば2.3%というように若干異なった数値目標があります。また、特筆しておきたいのが、「納付金制度」がある点です。障害者雇用納付金と、障害者雇用調整金の2つがあり、基本の障害者雇用率を未達成か達成しそれ以上の雇用を行なっているかで分かれます。もし、一般の事業主で決められた雇用率の2.0%に満たなかった場合は、毎月の不足人数1人あたりに障害者雇用納付金として5万円が徴収されます。一方、障害者雇用率を超過した人数1人ごとには障害者雇用調整金があり、月々の超過人数につき2万7千円が支給されるのです。今までは、常用労働者が200名を超える規模の事業主が適用でしたが、平成27年の4月より、その適用対象が200名から100名超えになります。それにより、この適用対象にあてはまる企業が多く出る事が予測されます。雇用に関してはすぐに決定出来る事柄ではないので、早めに対策を行う必要があります。

ガッツリ働きたいガテン系の人に必見です!大工の求人情報が豊富に載っているサイトで高額な給料の求人が探し出せます!

障害を雇用するには

障害者雇用を行う上で重要なのが、障害者を迎え入れる心構えです。障害者とうまく打ち解けるためにも、障害者のスキルを伸ばしてあげるためにも、しっかり心構えをしておきましょう。

精神障害者とは

障害者雇用では、精神障害を患っている人の受け入れにも対応しています。精神障害の方は、障害者雇用を通して生まれ変わることも可能です。今回は、精神障害の方の特徴などについてご紹介していきます。

短時間労働者とは

障害者雇用では、短時間労働で障害者を雇うことも可能です。厚生労働省のホームページにも詳しく載っているので、障害者雇用をしようとお考えの方は、是非ご参考にしてください。